コーギ・ホージリー社は1893年に英国サウス・ウェールズで創業したニットメーカー。
創業当時のウェールズ地方は炭鉱が主な産業であり、そこで働く労働者たちに暖かいロングソックスを穿かせたいという思いからハンドメイドの靴下の製造を開始。
その後、アメリカでのセールスが成功しソックスメーカーとして高い評価を得る。1960年からは、ハンドフレームによるインターシャのニットウェアの生産を開始し、後にカシミア素材も加わり、パリの高級メゾンにも認められるようになる。

そして1988年にはプリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)が10年間に
及びニットウェアとソックスを愛用した実績によりロイヤル・ワラント(王室御用
達認定証)が認められました。

コーギ・ホージリー社の靴下は、21世紀になっても、ずっと昔ながらの手作りにこ
だわっています。
ほとんどのメーカーが機械により大量生産する中、コーギ・ホージリー社は今でも
職人による手作りにこだわっています。
特にケーブル、インターシャにて柄の入った靴下は、一足一足最初から最後までハンドメイドです。
一部機械を導入していますが、靴下のつま先部分についてはすべて職人が手でリンキングすることにより、ゴツゴツとした感触が残らないようにしています。
コーギ・ホージリー社のカシミア製品は、手触りが極めてやわらかく、なめらかで軽いのが特徴です。

白色や淡色のものは最上質のホワイトカシミアを使用しています。
染色の際は素材を傷めることのないよう時間をかけて染め上げるため、光沢となめらかさが生まれるのです。

英国王室御用達
コーギ・ホージリー社のロゴマークと一緒に並んでいる「3つの羽の紋章」はプリンス・オブ・ウェールズ(英国皇太子)の紋章です。
1988年に英国王室御用達の認定を授けられ、この紋章を使用する権限が与えられました。
なお、皇太子の紋章に入っている「ICH DIEN」という文字は、「私は奉仕する」という意味のスローガンです

コーギ・ホージリー社の製品は、アーガイル模様の靴下が米国人バイヤーの目に留まったことから世界へ広がりはじめました。
コーギ・ホージリー社にとって重要な意味を持つアーガイル模様ですが、もともとはスコットランドにあったアーガイル城の王女が恋人にオリジナル柄のプレゼントを贈りたいと思い、スコットランド伝統のタータンチェックをもとに編み出したのが始まりと言われています。
このアーガイル模様を編むためには非常に複雑な工程が必要なため、手作りで製造できる量には限りがあります。